<?php echo PAGE_NEWS; ?>

~三股町肥育牛部会について~

2017.07.13
お知らせ

三股町農家の思いやりとパッションが育む“最高級和牛”



◆じっくりゆっくり育てる◆



 ストレスに弱く、環境の変化を感じやすい牛。その特徴を理解し、たっぷり時間をかけながら丁寧に育てられる三股牛は、自信をもってオススメできる逸品です。



 エサを残していないか?

 グッタリしていないか?

 ムダに興奮していないか?



あらゆるリスクを考えながら、いつもいつも気を配り、牛のコンディション管理をしている三股農家の愛は、三股牛の味で感じていただけます。



◆いつ食べても、どこを食べても美味しい◆




 三股牛のおいしさのヒミツの1つに、生産者と地元農協が連携して開催する「三股町肥育牛部会の定例会」があります。月に1度、欠かさず40年以上開催。技術共有を惜しまず、これほど長い間定例会を開催しつづけている地域は、全国的にも少ないと聞いています。三股で牛を飼う農家は、活発に意見を交わし、できるだけ薬を使わず、ストレスフリーで牛が暮らせるよう、ともに考えぬいています。

 おいしさのヒミツはここにも。環境の都城盆地から湧き出る豊富な清水と南九州の温暖な気候も、和牛肥育にはピッタリです。



 そのおいしさは和牛オリンピックとよばれる「全国和牛共進会」2連覇に輝くほどの、プロのお墨つきです。理想的な肉質と鮮やかなピンク色。「サシ」とよばれる良質でサラッと軽い味わいの脂がほどよく入り、噛むたびに「肉味」を感じる旨味がたっぷりです。「三股牛」をぜひお楽しみください。

~三股町肥育牛部会について~

  • 思い育み知の創造 | 三股町立文化会館
  • 町コミュニティバス | くいまーる
  • 広報 | みまた
  • みまたん | 協働のまちづくり

PageTop

特典:0個 選択中 [ 計:0円 ]